メールレディも知りたい!サイトには色んなタイプの男性がいる

メールレディをしていると、様々な男性がいるという事に気づかされます。

メールレディ初心者の方は、最初はビックリしてしまうかもしれませんが、稼げるメールレディになるには色んな男性に対応できる事が大切なのです!


1.知らなかったこんな男性!

サイトに登録して空いた時間でぐるぐる色んな男性のプロフィールを見ていると、結構な割合でビックリしてしまうような男性会員がいます。

初めて見るタイプの方が多いので、世界は広いなと感じるメールレディも多いのではないでしょうか。

そんな変わったタイプの男性は、日常生活を送っている中で出せない自分をサイト内でさらけ出している事が多く、そんな自分と話が合う女性を探しているのです。

しかし、稼げるメールレディになるには、サイトには色んな男性が登録している事をしっかり分かってあげて、どんな男性にも対応できるようにしておくことがポイントとなってきます。


1.下着姿の男性にはどうしたらいい?

プロフィールの写真に、たまに下着姿の男性を見かける事があります。

下着姿といっても、男性物の下着ではなく、なんと女性物の下着を身に着けているのです!

初めて見る方はもちろんビックリしてしまうと思いますが、サイト内をぐるぐる見ていると、実はこのタイプの男性は結構いるのです。

女性物の下着を身に着けている男性は、やっぱりアダルトなメールを好む男性が多いです。

また、そんな男性にはどのようにメールをしたらいいのか迷う事もあると思いますが、女性物の下着を身に着けている男性は、羞恥心をさらけ出して興奮するタイプが多いです。

下着に対する感想をメールしてあげてもいいですし、もっとアダルトなメールを送ってあげてもいいかと思います。

ただし、女性の下着を身に着けていても色んな男性がいるので、すぐにアダルト目的な人と判断するのではなく、メールを送る時にはしっかりプロフィールや自己紹介文を読んで、その人に合ったメールを送るようにしましょう。


2.すごく甘えてくる男性もいる

プロフィールでは筋肉ムキムキなボディの写真を載せていて、いかつい感じの男性でも、メールをしてみると赤ちゃんになったように甘えてくる男性もいます。

そんなギャップにビックリしてしまう女性もいるかと思いますが、いかつい男性にはこのようなタイプは多いと思います。

そんな男性は、思いっきり甘えさせてあげる事が一番です。


2.結局は女性を求めている!

何はともあれ、男性側はサイトに登録している以上、女性とコミュニケーションをとりたいと思っているのは確かです。

紹介した以外にもたくさんの驚くべき男性会員が存在します。

どんな男性に出会ったとしても、相手の目線になってやりとりをしてあげる事によって、常連客になってくれる可能性がアップするのです。

稼げるメールレディになるには、色んな男性とやりとりをしてみて、経験値を上げていくのも大切です。


出会い系よりも稼げるメールレディ専門サイトランキング

出会い系よりも稼げるメールレディ専門サイトランキング
メールレディで稼ぎたいなら、出会い系サイトよりもメールレディ専門サイトがだんぜんオススメです!

出会い系サイトの多くは、メールレディを認めていなかったり、稼げる金額が非常に少ないです!

メールレディ専門サイトなら誰でも簡単にメールだけで稼げちゃいます♪

さらに、ランキングのサイトは1つに絞って使うより複数を同時に利用する方が効果的です!

  • クレア



    男性会員数No,1だからとにかく稼げる!


    クレアの特徴は、なんといってもメールレディサイトの中で男性会員数がNo,1ということです!男性が多いので、稼ぎやすさもNO,1です♪ 24時間サポートもあるので、メールレディ初心者の女性でも安心して稼ぐことができます!迷ったらまずはこのサイトに登録しておきましょう♪


    メール受信 画像付メール受信 動画付メール受信 画像付メール送信 動画付メール送信 支払い
    40円 40円 50円 10円 25円 日払い可

    公式サイトへの誘導ボタン
  • ガールズチャット



    初心者に一番優しいメールレディサイト!


    ガールズチャットはメールレディサイトの中でも老舗の一つで、男性会員数も業界随一です! 分かりやすいマンガ形式のマニュアルや女性間で相談し合える掲示板もあるので、メールレディ初心者におすすめです! しかも、画像転載禁止機能があるため、安心して稼ぐことができちゃいます♪


    メール受信 画像付メール受信 動画付メール受信 画像付メール送信 動画付メール送信 支払い
    35円 40円 50円 10円 25円 日払い可

    公式サイトへの誘導ボタン

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ