稼げるメールレディは通話もしている!

メールレディとしてお仕事をする中で、サイトには男性会員通話が出来る機能があることを以前ご紹介しましたが、やっぱり通話機能を使うには少しハードルが高いですよね。

しかし、稼げるメールレディはほぼ全員通話機能を使っているのです。

今回はそんな通話機能について少しご紹介していきたいと思います。


1.通話機能は使った方がいいの?

いつでもどこでもお仕事が出来るという事が最大の魅力であるメールレディですが、誰とも会わずにお仕事が出来る事も大変嬉しい条件のひとつです。

誰にも会わずにお仕事が出来るので、メールレディを選んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな方からすると通話はとってもハードルが高いお仕事内容だと思います。

メールレディでお仕事をやる上では、通話機能を使えるようになっていた方が、よりたくさんのお金を稼げるようになるのです。


1.通話機能のメリット

通話機能のメリットはなっと言っても、メールでやりとりをするよりかもはるかに短時間で稼げるという事です。

以前も紹介したとおり、1分につき100円前後を稼ぐ事が出来ますので、男性会員を楽しませる事が出来れば、1時間通話をし続ける事だって出来るのです。

また、通話機能は必ずお顔を出すわけでありません。

テレビ通話と音声通話の二種類があるので、お顔を出す事に抵抗があるメールレディは音声通話だけの対応とすることも出来ます。


2.どんな風に通話したらいいの?

通話機能を使いはじても、男性会員とどんな風に会話をしたらいいかわからないのが、メールレディ初心者の方ですよね。

メールレディとして通話もする時も「お仕事だ」と構えすぎる必要はありません。

自然体の自分のままで、楽しく男性会員とおしゃべりをしたらいいのです。

しかし、初めて通話をする男性と楽しく喋れるのかな?と不安になる方もいるかもしれません。

そんな時は、ある程度自分だけのマニュアルを作っておくことをオススメします。

「はじめまして」から通話をスタートして、次にどんな会話をして行こうか自分だけのマニュアルをいくつか作る事によって、通話の内容に困ることが少なくなります。

お時間がある際にぜひ自分だけのマニュアルづくりをしてみて下さい。


2.思ったより楽しく稼げる!

サイトに登録している男性会員はリラックスして楽しめる相手とやりとりをしたがります。

なので、通話をするからといって気合を入れ過ぎず、ラフに楽しくお喋りする事を心がけてください。

もちろん、食事をしながら通話をしたり、テレビを見ながら通話したりという事は、ラフとは違ってマナー違反になるので止めましょう。

ちなみに通話をする時は、普段自分が喋っている声よりワントーン高くして男性へ話かけると好感を持たれやすくなります。

かわいく楽しいメールレディとして、男性会員を楽しませてあげてください!


出会い系よりも稼げるメールレディ専門サイトランキング

出会い系よりも稼げるメールレディ専門サイトランキング
メールレディで稼ぎたいなら、出会い系サイトよりもメールレディ専門サイトがだんぜんオススメです!

出会い系サイトの多くは、メールレディを認めていなかったり、稼げる金額が非常に少ないです!

メールレディ専門サイトなら誰でも簡単にメールだけで稼げちゃいます♪

さらに、ランキングのサイトは1つに絞って使うより複数を同時に利用する方が効果的です!

  • クレア



    男性会員数No,1だからとにかく稼げる!


    クレアの特徴は、なんといってもメールレディサイトの中で男性会員数がNo,1ということです!男性が多いので、稼ぎやすさもNO,1です♪ 24時間サポートもあるので、メールレディ初心者の女性でも安心して稼ぐことができます!迷ったらまずはこのサイトに登録しておきましょう♪


    メール受信 画像付メール受信 動画付メール受信 画像付メール送信 動画付メール送信 支払い
    40円 40円 50円 10円 25円 日払い可

    公式サイトへの誘導ボタン
  • ガールズチャット



    初心者に一番優しいメールレディサイト!


    ガールズチャットはメールレディサイトの中でも老舗の一つで、男性会員数も業界随一です! 分かりやすいマンガ形式のマニュアルや女性間で相談し合える掲示板もあるので、メールレディ初心者におすすめです! しかも、画像転載禁止機能があるため、安心して稼ぐことができちゃいます♪


    メール受信 画像付メール受信 動画付メール受信 画像付メール送信 動画付メール送信 支払い
    35円 40円 50円 10円 25円 日払い可

    公式サイトへの誘導ボタン

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ